新居浜のサッカーについて

「サッカーに関わる仕事で生きていきたい」

18歳のときに思い描いた未来のイメージはとても漠然としたものでしたが、当時としてはそれなりの覚悟を持って大好きな新居浜を離れました。
他人や世の中のことを考えるような余裕など全くないくせに、「いつかは帰ってきて、この街のサッカーを発展させることが自分の使命だ」などと偉そうなことを考えていた記憶があります。

しかし、今僕は松阪にいます。
たくさんの良いご縁をいただき、素晴らしい友人ができ、家族ができ、故郷の新居浜ではなく、松阪のサッカー・フットサルに携わっています。
もうおそらく新居浜にUターンすることはないと思います。
本当に素晴らしい出会いに恵まれて充実した日々を過ごしているので、全く後悔はありません。

ただ、一方で故郷に対する想いがなくなってしまったわけでもなく、18歳の頃に抱いていた想いは今も燻ぶったまま。。
育てていただいた新居浜のサッカー界に何の恩返しもできずに、17年の月日が流れてしまいました。

 

 

 

そんな中、先日新居浜のサッカーに所縁のある皆さんと、とても良いお話ができました。

メンバーは

藤岡 心太郎 氏
愛媛県のフットサル界を牽引してきた「東温K-Luz」の代表で、愛媛県サッカー協会フットサル委員会の副委員長。
愛媛、四国におけるフットサルの普及・環境改善・競技力向上に取り組むパイオニア的存在だと認識しています。
入れ替わりでしたが、新居浜西高校サッカー部の大先輩です。

佐藤 翔太 氏
石川県金沢市のベンチャー企業で働き、昨年新居浜にUターン。
現在は新居浜市で企業、団体、事業者のブランディング・マーケティング支援やイベント企画・運営のお仕事をされています。
愛媛県から唯一四国サッカーリーグに所属している、新居浜をホームタウンに活動するクラブ「レベニロッソNC」の運営に今シーズンより参画。
出会いは2日前。twitterで。笑

森 宇宙 氏
清水エスパルスで法人営業を担当。
新居浜西高校から筑波大を経て、スポーツビジネスの最前線で活躍する、新居浜サッカー界の出世頭。
私が新居浜西高校サッカー部3年のときの1年生。献身的な坊主頭。

 

森 宇宙とは高校時代から同じ志を持つ仲間として色々と話してきたし、お互いに夢を叶えてからも、充実した日々を送る一方で、新居浜に対して何も恩返しできてないという同じ悩みを抱えていました。

その中で宇宙が佐藤さんと繋がりを作ってくれて、僕がフットサル界で情報交換を行っていた藤岡さんも交えて、良いメンバーでお話させていただくことができました。

直接何かができるわけではないですが、こういうご縁ができたことで、僕や宇宙が新居浜を離れて外で学んできた知識や経験を間接的に新居浜のサッカーに還元することができるのではないかと。
微力ながら新居浜のサッカーに貢献するチャンスが出てきたんじゃないかと、今すごくワクワクしています。

松山では愛媛FC、今治ではFC今治がJリーグに参入し、愛媛でもサッカーが根付いてきたと思いますが、これまで新居浜では仲間内でやっているチームしかありませんでした。

しかし、サッカーでは新商クラブが四国リーグに昇格し、より地域に根付いて活動を行っていくため、今シーズンより「レベニロッソNC」として組織再編。
フットサルでは四国リーグの「FC miracle smile」がFリーグ参入を目標に掲げて行政も上手く巻き込みながら活動を行っています。

市外、県外に出なくても子供たちが憧れられるチーム、地元のクラブを応援する週末。
地元クラブが価値を上げることが、その街のサッカーの文化レベルを上げます。
レベニロッソやミラクルスマイルが市民に認知され、地域に根付いた活動を行いながら強くなっていくことで、新居浜のサッカーはひとつ上のステージに行けるのではないかと思います。

・情が厚い人が多く、団結力と闘争本能が高い(完全に祭りのイメージ)気質
・大きな企業がいくつかある
・全国に誇れる素晴らしい施設がある
・これまでに素晴らしい選手を輩出してきた(川崎で長く主将を務められた伊藤 宏樹さん、日本代表としてワールドカップに2大会出場された福西 崇史さんなど)
など、サッカーが文化として根付いていくためのポテンシャルがめちゃくちゃ高い街だと思うので、是非両クラブには頑張っていただきたいし、せっかく両クラブとも繋がりが持てたので、自分にできることは何でもお手伝いさせていただきたいと思っています。

藤岡さん、佐藤さん、宇宙、ありがとうございました。
また是非やりましょう!

皆さんに負けないよう、僕はまた松阪で頑張ります!